板倉科学教育未来基金

基金について

仮説実験授業の創始者である板倉聖宣さん死去に伴い寄せられた寄付金を、科学教育の未来に役立てるために設けた基金です。板倉科学教育未来基金 管理委員会(代表:尾形わかは)が管理しています。

お預かりしたもの

2018.2   通夜・お別れの会における寄付 (後日追加分を含む)    
2018.5 仮説会館(調布)の残金を寄付
2018.6 仮説会館(高田馬場)の残金を寄付
2018.11 楽知んカレンダー2019著作料
2019.2~3  個人より寄付(S.S.さん、S.O.さん)

応援したもの

2018.5   科学の碑記念会館 管理費として
2018.10 ASE Annual Conf. 2018に自腹参加し、英訳版『科学と方法・論文集』の出版を告知するなど仮説実験授業を海外にアピールしたお二人に 
2019.1 書籍『HYPOTHESIS-EXPERIMENT CLASS (Kasetsu)』の出版・宣伝のための費用として
2019.1 板倉研究室にあった書籍および書棚の、科学の碑記念会館への移動費用

今後、応援したい活動

板倉聖宣コレクションの整備
板倉聖宣さんが集めた膨大な書籍を、今後の科学教育や科学史研究に役立てる。
科学の碑記念会館
板倉聖宣コレクションの受け皿として有力視されているのが、新潟は湯之谷村にある科学の碑記念会館。

リンク

→科学の碑運営委員会
→板研情報局
→仮説社
Total: / yesterday: / today:
このページの管理者にメールを送るときは info(at)itakurakikin.penne.jp へ